TEL. 076-248-0086

お知らせ

症例紹介①

例)70才 男性

症状と経過

2020 年に肺癌の診断 A 病院にて抗癌剤治療を開始し癌の進行を抑えていたが、2022 年3 月に再発 以後、抗癌剤継続は難しいと判断され、緩和治療の方針となりB 病院に転院。

肺癌の進行にて呼吸状態が悪化傾向 → 酸素吸入を開始されていた 癌による疼痛あり → 医療用麻薬を使用

本人の思い

「コロナ禍であり、家族と面会できない」 「体力が落ちており、残された時間が長くないと自覚されている」  → 自宅に帰りたいという強い希望あり B 病院地域連携より当院に相談あり、すみやかに退院前カンファレンスを施行。

家族の思い

自宅に帰してあげたいが、全身状態が悪く、病院でなくていいのかと不安あり。

当院の対応

診察上、残された時間は長くないと判断。カンファレンス翌日の退院を目指し、 在宅酸素・在宅薬局などの手配。ご家族様に寄り添い、不安を軽減できるようサポート。

退院後の経過

カンファレンス翌日に退院し(酸素10L 必要な状態)、退院翌日に自宅にてご家族様に囲まれご逝去された。ご家族様より、「不安だったが、最期を自宅で迎えられて良かった」と。